稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

初代ぶりっ子の代名詞!松田聖子のページ!

ノンカテゴリ

初代ぶりっ子の代名詞!松田聖子のページ!

松田聖子 Wikipedia

福岡県久留米市荒木町出身。サンミュージックプロダクション、ファンティック、グリーンパークミュージック、現在はファンティックから独立し、制作全般をfelicia club(フェリシアクラブ)所属としている[1]。身長160cm。体重42kg。血液型A型(身長・体重は公式サイト2008年12月25日のデータより)。

1980年代を代表するアイドル

松田聖子は1980年代を代表するアイドル歌手である。1980年に、「裸足の季節」でレコードデビュー(同時期「サンデーズ」としても活躍)。デビュー曲はCMタイアップで火が付き、すぐに続けざまにヒット曲を連発。トレードマークであったヘアスタイルの「聖子ちゃんカット」や、新しいアイドルとしての生き方に関しても多くの話題を集めた。大宅壮一文庫創設以来の人名索引総合ランキングでは「松田聖子」が1位(2015年2月)となっており、「日本の雑誌にもっとも頻繁に登場した著名人」とされている。

アイドル歌手としての松田聖子

歌手としては1980年の「風は秋色」から1988年の「旅立ちはフリージア」まで24曲連続でオリコンシングルチャート(週間)1位を獲得。デビュー初期の曲は、三浦徳子の作詞、小田裕一郎の作曲が主だった。
楽曲の制作には2年目の6枚目シングル「白いパラソル」以降、作詞に松本隆が起用され、この後作曲家の選択も含め彼のプロデュース色が濃くなるが、編曲は初期からの大村雅朗が続けた。作曲家は財津和夫、「呉田軽穂」名義の松任谷由実をはじめ、細野晴臣などニューミュージック系の作家が多い。
当時の人気の高さを端的に示す言葉としては「聖子ちゃんカット」と「ぶりっ子」が挙げられる。聖子ちゃんカットとはその名の通り、デビュー当時からしていた彼女の髪型を真似た髪型であり、当時の若い女性の間で大流行した。そしてその聖子ちゃんカットも聖子本人は1981年の年末にバッサリ切ってショートヘアにすると、今度はまたその聖子を真似たショートヘアが流行りだした。
ちなみに「ぶりっ子」とは、当時の人気漫才コンビの春やすこ・けいこや山田邦子が、聖子が意識的に自分をかわいく見せようとしていることをからかった言葉であり、当時の流行語にまでなった。
1985年6月に俳優の神田正輝と結婚。妊娠中に芸能活動を休業するが間もなく復帰し、主に歌手としての活動を続けた。神田正輝との間に生まれた長女はSAYAKA名義で2002年に歌手デビューし、その後は本名の神田沙也加名義で、ミュージカルや舞台女優・タレントとして活動する。

出典 http://ja.wikipedia.org

隣にいた松田聖子はいつしか「手が届かないバケモノ」に

 アイドルとして1980年にデビューしてから36年間、1年も休むことなくアルバムとシングルを出し続けるという、日本の音楽史上で誰もなしえない偉業を“更新”し続けている松田聖子。今年のコンサートは、通算50枚目のアルバム『Shining Star』を引っ提げた記念すべきツアー。しかもこのアルバムの制作には、松本隆や呉田軽穂(松任谷由実)、中田ヤスタカなど、1980年代から現在までの、日本のヒットメーカーが名を連ねているのだ。

 デビュー当時から彼女のファンで、東京・成城にあった聖子邸をクリニックにしている、成城松村クリニック院長の松村圭子さん(46才)も、毎年の武道館コンサートと年末のディナーショーは欠かさない。

「初めて自分のお小遣いで買ったレコードが『赤いスイートピー』でした。当時小学6年生でしたから、700円でも高額でしたね(笑い)。B面の『制服』も印象に残っています。卒業を歌った曲で、“中学生になったらあの子と別々になるかもしれない…”という切ない気持ちと重なりました。『ハートのイアリング』や『瞳はダイアモンド』を聴いては、“私も高校生になったらこんなつらい恋をするのかな”って考えて胸がキュンとなったり。だから、ちょっと上のお姉さんみたいな、憧れの存在でしたね。聖子ちゃんの曲は私の歴史の年表。一曲、一曲に思い出があります」(松村さん)

出典 http://www.news-postseven.com

デビュー当時、実は2番手だった松田聖子、大逆転したワケ

 歌手生活36周年、今も輝きを放ち続けている“アイドルの中のアイドル”松田聖子──。

 1979年にサンミュージックに所属して89年に独立するまでの間に24曲連続オリコンシングルチャート1位など数々の金字塔を打ち立てた。希代のスターはどうやって運命の扉を開けたのか。デビュー前、九州の実家まで直々に親を説得に行ったという“立役者”の一人で元専務の福田時雄名誉顧問(86)が振り返る。

「聖子と初めて会ったのは79年の5月。四谷4丁目の事務所の一室です。九州の私立高校の3年生で、制服を着てひとりでやってきました。見た目の第一印象は、清楚なお嬢さんといった感じで、ここまでビッグスターになるとは正直、思いもしなかったんです」

 聖子は前年78年4月、ミス・セブンティーンコンテスト(集英社・CBSソニー共催)の九州地区大会で桜田淳子の「気まぐれヴィーナス」を歌い優勝したが、両親が反対して全国大会を辞退していた。

出典 http://dot.asahi.com

松田聖子 生歌1♫「狼なんか怖くない」 デビュー前1978年頃

松田聖子 20才 水泳大会 水陸仮装レース 大磯ロングビーチ

松田聖子 ♡ 20th Party (かわいい おへそがある 蛙さん?)

田聖子 子供の質問に困る表情が萌える かわいい黄色い衣装が素敵!

松田聖子 18才 バレンタイン

松田聖子 ♡ 20th Party (かわいい おへそがある 蛙さん?)

聖子ちゃん関連ツイート

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

カテゴリー

月別アーカイブ